スペイン

スペインという国

スペインの国旗は上から赤・黄・赤の三色で、
公用や軍用には真ん中に紋章が入る。

首都はマドリッドでプエルタ・デル・ソルは
マドリッド一番の繁華街でここを歩くと
スペインの流行が手に取るようにわかるのです。

素敵な女性がお買いもの、
絵になりますね。

国民は、イベリア・ケルト系、
カスティリャ、ガリシア、
カタルーニャ、バスクなどそれぞれ人格が違い、
ピレネー山脈の南側のバスク地方は男性が威張っているらしい。

一方、南はと言えばイスラム帝国の影響が残っていて
異国情緒を存分に味わうことができる。

義務教育制度は、6歳から16歳まで、
そして、昼食は家に戻って家族を取ることが当たりまえ。

スペインにも世界遺産がたくさんあります。

マドリッドのエル・エスコリアル修道院とその遺跡、
バルセロナのアントニオ・ガウディの作品群(バルセロナの町のあちこちに点在しています)、
グラナダのアルハンブラ・ヘネラリーフェ・アルバイシン地区。

ポルトガルの北に位置する
アルタミラ洞窟などなどがあげられるでしょう。

是非、行ってみたいですね。

やはり言葉を習得してから行きたいですね。


マドリードから飛行機(座席指定がない?シャトル飛行機?)で
バルセロナに降り立ち、モンジュイックの丘に建つと
バルセロナ市街が一望できるのです。

中央部分にそびえ立つサグラダファミリア、
港近くを見てみるとそこにはバルセロナオリンピックで使われていた建物が・・・

やはりバルセロナと言えば、
アントニオ・ガウディ。ガウディの作った建造物が町のあちらこちらに点在している。

人が住んでいる建物があったり、
ある建物のベランダには丸く象った作の中に
サグラダファミリアがすっぽり入ってしまう設計もされているのです。

そして見逃してはならないのが、
もちろんサグラダファミリア。

この地下にガウディがサグラダファミリアを立てるのに
実験した奇妙が構造のものを見ることができます。

建物を設計する前に実験した場所は
バルセロナから車で数時間離れた教会です。

興味のある方は是非お調べになってみてください。

また、バルセロナと言えば、
FCバルセロナ。マドリードのレアルマドリードとの試合は、
日本の阪神巨人の試合を伝統の一戦と言われるように、
「エル・クラシコ」と呼ばれています。

エルは定冠詞で、唯一、
そしてクラシコはクラッシック、
伝統と訳せなくもないですね。

トップページに戻る

 

サイトマップ