メキシコ旅行記

メキシコ旅行記メキシコシティからカンクン、ビジャエルモッサまで大きな団体のアメリカツアーの下見でアメリカから足を延ばしてメキシコまで行った。ロサンゼルス空港へ到着後、フリーのバスへ乗って出発ラウンジへ。

出発ラウンジでトランジットでメキシコへ。メキシコシティへ。

下見だから、私とお客様の二人。

アメリカでは、現地の旅行会社がすべてしてくれるのですが、メキシコでは、私がすべて手配の確認などしなくてはならなかった。それに予算が少なかったのでメキシコ国内ではエアー&ホテルのみ観光は現地ですべて手配となるのです。

メキシコへ到着後タクシーでホテルへ。ホテルでは、さくらが演奏されていて、ほっこりしたのを覚えています。翌日、メキシコシティからカンクンへ。カンクンは全日空など日本の企業が開拓したと聞きます。(間違っていたらごめんなさい)

カンクンはハネムーナーのメッカで現地へ行くとその通りで、カップルばかりでした。こちらはおじさんと私で、絵にならなかった。

何もすることがなかったのでショートゴルフをした。翌日は、チチェンイッツアへ外国人用のバスで行った。
もちろん、すべて英語での案内だった。

お客様にかいつまんで訳して話した。

翌日、今回のお目当てのところ、ビジャエルモッサへ。ビジャエルモッサから行けるパレンケ遺跡が目的。ホテル到着後、ホテルの旅行会社へ運転手兼英語ガイドを依頼した。翌日、パレンケ遺跡へ。

一回目は入れなかった。

諦めきれないので近くで待機。数時間後、やっとパレンケ遺跡へ入場することができた。パレンケ遺跡がすごいところは二つ一つは、謎の棺桶。表に幾何学模様が。もう一つは、水洗便所。すでにこの時代に水洗便所があったのです。

ビジャエルモッサへ戻り巨石公園へ。


スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。





>>>松平勝男のスペイン語教材<<<