スペイン語 独学 松平勝男

スペイン語独学のコツと松平勝男のスペイン語教材がおすすめ



1.スペイン語独学ののコツは
2.スペイン語の辞書はどんなものがあるのか
3.スペイン語の名言はどんなものがあるか
4.スペイン語リスニングのコツは
5.スペイン語文法について
6.スペイン語問題集でオススメは
7.スペイン語検定を受けましょう。
8.スペイン語留学について
9.スペイン語は本当に難しいのか?
10.スペイン語の発音について
11.スペイン語と英語は似ている
12.松平勝男のスペイン語教材がおすすめ
13.スペイン語独学ならNHKの講座

1.スペイン語独学のコツは



動詞を中心とした文章を覚え使うことです。

スペイン語は動詞文化です。

ですので、tener(持つ)ir(行く) haber(持つ)
などの動詞を中心に文章を作成してその文章ごと覚えていく。
動詞の人称と複数を変えながら作成してその文章ごと覚えていく。
文章を読み、聞きで身に着けるようにしていきます。

文章の枝葉の名詞を変えて、覚えていくと、
記憶できる名詞もどんどん増えていきます。

最初は、文法は気なしなくもいいと思います。
文法は後付でいいのです。

次の活用形はフレーズで覚え使えるようにしましょう。
tenerを例にとると

直説法
現在
一人称単数(yo) tengo
二人称単数(t?) tienes
三人称単数(?l) tiene
一人称複数(ns) tenemos
二人称複数(vs) ten?is
三人称複数(ellos) tienen
自分が○○したい
とかの場合に使います。

接続法
現在
一人称単数(yo)  tengo
二人称単数(t?) tengas
三人称単数(?l) tenga
一人称複数(ns) tengamos
二人称複数(vs) tengais
三人称複数(ellos) tengan
誰かほかの人にしてほしい
場合に使います。

直説法でのみ、文章にして身に着けることをオススメします。

「動詞」に注目したスペイン語の教材があります。
この教材で勉強すると、2ヶ月でスペイン語をしゃべることができるようです。

スペイン語習得の最重要ポイント
=『スペイン語体質』

『スペイン語体質』とは
無意識のレベルでスペイン語を浸透させた状態のことです。

1、スペイン語を習得するために最も大切なポイントを最初に身につける
2、短期間に効果を発揮する独自のノウハウを使い、スペイン語を
  さくっと習得してしまう

トップページに戻る

2.スペイン語の辞書はどんなものがあるのか



スペイン語の辞書、電子辞書でおすすめは紙の辞書より電子辞書はやはり便利です。
そこでスペイン語を学習する際おすすめしたい電子辞書が「XD-N7500 カシオ スペイン語電子辞書」です。

このカシオのXD-N7500はスペイン語入門者から専門家に至るまで様々な人に利用されている電子辞書で、
小学館から出されている「西和中辞典第二版」、白水社からの「和西辞典改訂版」、
「現代スペイン語辞典改訂版」など有名なスペイン語辞書を5つ搭載しています。

また、「ゼロから始めるスペイン語」という有名なスペイン語文法書も収録しています。

日常会話にもすぐ使えるような小さな辞書も搭載されており、
ネイティブの音声も10万語以上が収録されているというのですから驚きですね。

さらに世界の名著2000小説が収録されているため、
暇な時に時間が潰せるという利点付きです。

このカシオのスペイン語用電子辞書は昔から改良が続けられているため、
タッチペンでの入力などの制度も格段と上がってきています。

留学の際などかなり重宝すると思いますので、
カシオのXD-N7500を一台買っておくのもいいかもしれませんよ。



トップページに戻る

3.スペイン語の名言はどんなものがあるか



スペイン語の名言はヨーロッパの南東部に位置するスペインのあたりは
気候、文化、陽気な人々など、魅力的な文化が様々あります。

スペイン語の名言としては私はこの「A caballo regalado, no le mires el diente」という言葉が好きです。

この言葉は送られた馬の歯を見るな、
という意味で、貰い物にはケチを付けるな、ということを指していることわざです。

あくまで貰い物は貰い物、と割り切る考え方に感銘を受けました。

他にも「A lo hecho, pecho」というやったことは胸で受け止めろ、
という言葉や「A la ocasi?n la pintan calva」という機会はハゲ頭である、という意味のことわざもあります。

スペイン圏の文化はこのように「勇敢さ」が大事にされていることがわかりますね。

その現れが闘牛などなのかもしれません。

私も「A quien madruga Dios le ayuda」という早起きするものは神を助ける、
という意味の言葉を胸にして、しっかりとした生活を送って行こうと思います。


トップページに戻る

4.スペイン語リスニングのコツは



「英語以外の外国語に触れて見たい!」「自分の可能性を伸ばしたい!」という方におすすめなのがスペイン語。
スペイン語は義務教育でも学習する英語と似ているところがあるため、
英語以外の外国語に手を出すならオススメの言語です。

筆記で出来る文法は比較的短時間で学習することができても、
リスニングやスピーキングはなかなか日本では勉強しづらいものです。

また、スピーキングはまず聞いて発音を確認しなければなりません。
ですので、文法の次に最重要として勉強するべきは「リスニング」なのです。

スペイン語のリスニングのコツというのはやはりたくさん聞いておくことで、
スペイン語は英語と違って聞いた音を綴りとして書き表すのが簡単です。

ですので「el mundo」などのスペイン語のPodcastを通勤中、通学中に聞いてみるなどしながら、
頭のなかで綴りを思い浮かべ、知らない単語はしっかりと調べておく、
といったプロセスを踏んでリスニングを勉強すればかなりスペイン語の習得が早くなると思いますよ。

スペイン語などの外国語に触れて、自分の可能性を広げたくはありませんか?スペイン語も英語と同じように
動詞文化ですので、動詞を中心に聞いていくと聞き取りやすいのではないでしょうか?

トップページに戻る

5.スペイン語文法について



「英語以外の外国語には興味があるけど、どれを始めればいいかわからない・・・」、
「大学で第二、第三外国語を選ぶけど、どれを選べばいいかわからない・・・」、
という時の選択肢の1つとして存在するのが「スペイン語」です。

スペイン語はドイツ語のように男性名詞、女性名詞があったりしますが、
ドイツ語ほど難しいわけではありません。

また、スペイン語ではアルファベットを使いますが、
通常のアルファベットに比べてN(エニェ)という文字が追加されるのが特徴的です。
母音はAEIOUの5つなので、この点では英語とほとんど変わりませんね。

スペイン語はドイツ語やフランス語などのヨーロッパ圏の言語に比べて簡単で、
英語のようにそこまで活用が多くありません。

違うところといえば名詞が男性名詞、女性名詞の二つに分かれ、
英語の英語のmy,yourなど所有格に当たるものが所有形容詞というものに変わるということくらいですね。

もし第二、第三の外国語として勉強するなら、
スペイン語は勉強にかかるコストも非常に少ないので、
スペイン語がオススメですよ。スペイン語文法は一見難しそうですが、
これも慣れです。

慣れたらできるようになります。

トップページに戻る

6.スペイン語問題集でオススメは



スペイン語問題集でおすすめはどの言語にも問題集というものはあります。
さて、スペイン語を勉強するにはどんな問題集が適しているのでしょうか?それは2つに時期を分けて考えます。

まずスペイン語を学習し始める時は、
基本的に「この教材なら簡単そう、私にも出来そう」といったことを感じる教材を選ぶのが適しています。

ちなみに、私のオススメは瓜谷良平さんの「スペイン語の入門」ですよ。

これらの教材で何ヶ月か勉強したら、おすすめしたいのが留学です。

そして、その留学までの間のオススメは桜庭雅子さんの「しっかり身につくスペイン語会話」、
また桜庭雅子さんの貫井一美さんの「しっかり学ぶスペイン語―文法と練習問題」といった問題集がオススメです。

ここまでのレベルに達すると、基本的なものはもう大丈夫で、
細い文法だけが心配!という方が多いはずです。

この2つの問題集は基本的なものから細かい文法からまでを網羅しており、
しっかりとスペイン語を「体得」するのに向いています。

また、これらの2つの問題集にスペイン語辞書を1冊持っていけば、
留学の際も不安に感じることはほとんどなくなると思いますよ。



トップページに戻る

7.スペイン語検定を受けましょう。



自信がついたらスペイン語検定受けましょう語学で仕事をする為あれば、
ぜひ、検定を受けて下さい。勿論、スペイン語にもスペイン語検定があるのでしょう。

スペイン語で仕事をしようとしますのであれば、
最低でも三級は欲しいところです。では、


スペイン語検定について説明します。

スペイン語検定は、正確には「スペイン語技能検定」と言い、
財団法人日本スペイン協会が実施している民間資格です。

スペイン語検定は、難易度別に一級から6級までのランクがあって、
六級から順に難易度が高くなるでしょう。

前の級に合格しなければ、次の試験を受けることは出来ないのです。

目安には、スペイン語技能検定6級が英検4級程度、
3級が英検準1級程度の難易度です。

試験は、春と秋の年二回実施され、
一次試験と二次試験(1〜3級のみ)があると思います。

試験は誰でも受ける事ができてその内容は、
6級が筆記試験のみ、4・5級は筆記試験とリスニング、
1〜3級は筆記試験で合格者のみ二次試験の面接を受けます。

合格率は6級は80%以上、4・5級は70%以上かと言って、
3級になってしまった場合約17%、二級が約8%、1級が約7%とグッと下がってしまうはずです。

1〜3級のレベルとは、どういうものでしょうか。

三級は新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しないレベル。

2級はラジオ、TVが理解出来る上に、一般通訳ができるレベルで、
1級になってしまった場合には会議通訳、
文学翻訳、専門ガイドが可能でるレベルになりますね。

一級に合格する為には、相当のレベルが要求されるといえます。

スペイン語は英語ほど使用国は多くはないのですが、
それでも世界3大言語の一つ。

ビジネスで通用するレベル(三級以上)であれば、
南米や欧米に関連のある商社などでは需要があるんでしょうか。

また、マヤやインカが注目されておりている昨今、
翻訳家として活躍出来る道も探せばあるでしょう。

トップページに戻る

8.スペイン語留学について



「スペイン語を学習したので、どこかで活かしたい!」
「さらにスペイン語技能を向上させたい!」という方には、
留学が一番の最善策といえます。

スペイン語留学を行うにあたって、
おすすめしたいのは「Enforex((エンフォレックス)」を利用することです。

Enforexはサラマンカ、パンプローナ、バレンシア、マドリードといった
スペインの大きな12の都市に校舎を持っており、短期留学、長期留学ともに可能なものとなっています。

在先も希望に合わせてEnforexが手配してくれるため安心ですね。

スペインは世界第三位の生産量を誇るワイン、
幅広い種類があるチーズ、それに場所によって色を変える気候、
陽気な人々、闘牛、地中海の美しい景色・・・など、様々な魅力的な文化があります。

Enforexを利用すれば観光をする時間も充分に確保しながら
スペイン語学習をすることができるのがポイントです。

留学保険など安心保証もしっかりありますので、
もしスペイン語を活かしたい!と考えているなら、Enforexのようなサービスを利用するのは賢い選択だと思いますよ。


トップページに戻る

9.スペイン語は本当に難しいのか?



スペイン語は難しいというのは本当か?スペイン語は我々日本人にとって実は簡単なんです。
それは、スペイン語発音のことなんです。
大学でスペイン語を第二外国語として履修しました。

最初はどんな言葉だろう、難しくないのか?と正直思っていました。
が、いざ、大学で勉強すると、え?こんなに簡単だったんだ。
何せ、スペイン語の発音は我々日本語のローマ字読みをすればほぼOKなのです。

rの舌巻きするように音を出すもの、
これは人によってハードルが高い発音であることは間違いないですね。

スペイン語は発音だけではなく、
動詞の活用方法などの文法や男性名詞、女性名詞、
そして中性名詞を覚えることが難しいとは思います。

これは、もう慣れるしかないのかなあと。

私がスペイン語を好きなのは、
ラテンの音楽が大好きだったのでラテンの音楽を聞きながら、
歌詞を見ながら、その歌詞の意味を調べながら、興味津々で覚えていったのです。

興味を持つ、とことんやる。

それの繰り返しで、スペイン語を身に着けていく。
一番、簡単な方法だと思います。

トップページに戻る

10.スペイン語の発音について



スペイン語の発音の前に、スペイン語のアルファベット
英語のアルファベットに??(エニェ)guiギ gue ゲ h(発音されません)quiキ queケ
ce zeなどは英語のth発音。rrは文中で巻き舌音となります。練習を重ねればできると思います。

上記以外は、日本のローマ字読みでネイティブに十分通じます。

スペイン語は日本語とも似ている言語です。

スペイン語の単語は日本語のように
母音と子音がペアになって使われていることが多いため、
発音の面でも苦労することがほとんどありません。

また、母音と子音がペアになっているだけでなく、
ローマ字読みのようなアクセントも特徴的です。

しかしすべての単語がこうなっている、
というわけではなく、いくつかの規則があります。

まず1つ目に「hの音を発音しないこと」です。

ラテン語派生の言語にはこのようなものが多いですが、
非常に基本的なことなので覚えておきましょうね。

2つ目に「b,vの音が同じbの音になる」という事があります。

英語のようにvの音が変化しないので、
日本人にも学習が優しい言語となっています。

3つ目に、「llの音がリャ行、ジャ行の音になること」です。

スペイン語にはllという特殊な音があるのです。

この発音は一度聞いておくことをおすすめしますよ。

そして4つ目も特別なものなのですが、
「rrの音は巻き舌のrになること」です。

この巻き舌は別に使えなくても通じるので、
「巻き舌が出来ない!」とお悩みのあなたも安心して大丈夫ですよ。

他にもスペイン語はローマ字読みの他の例外があります。

しっかり確認しておきましょうね。


トップページに戻る

11.スペイン語と英語は似ている



習い始めるとすぐにあることに気づきます。

それは、スペイン語と英語が似ているのです。
私はペルーやメキシコの人たちと一緒に第二外国語として英語を習ったことがあります。

彼らは最初ほとんど英語をしゃべることができない人たちが一か月もすると流暢に英語をしゃべりだすのです。

私の頭はパニックになってしまいそうでした。

簡単なフレーズは違うのでそこで彼らは慣れるのに少々時間がかかります。

が、その壁を超えると、あとはとんとん拍子に英語を流暢にしゃべりだします。
あまり、例外の人はいませんでした。

そこで、英西、西英辞典を見せてもらいました。

気絶しそうでした。

単語が難しくなればなるほど、単語対単語が並ぶだけとなります。

もちろん説明なんてありません。

英語もスペイン語も単語の根幹は同じで、接頭語、接尾語そして発音の仕方が異なるだけなのです。

ですので、我々も英語ができるのであれば、
その単語の根幹を見出しスペイン語の意味を推測できるようになれば
もっと楽しむことができるのではないでしょうか?

英語とスペイン語が似ているということは、
我々日本人にとってもいいことがあるのです。

それは、文法が英語に似ているので、
スペイン語文法は入りやすい。
あとは、熟語、単語を増やしていくのみとなります。

なので、スペイン語習得はそんなに難しくはない。

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。

トップページに戻る

12.松平勝男のスペイン語教材と口コミ



松平勝男のスペイン語独学教材の口コミについて

藤さん 女性 東京都

マニュアルを読んでみたら、スペイン語の教本をろくに一冊も
読破したことのない私でも、理解しやすく、すぐに実践することができました。
まさに目からウロコでした。

このマニュアルでバルセロナに行く決心がつきました。
旅行に行くまで、マニュアルを読み返してバッチリ復習しておこうと思います。

つい数ヶ月前までは、スペイン語に興味があっただけで、
何も知らなかった私が、日常会話をこなせるようになり、自信がつきました!
ここまでたどり着けたことが今は素直に嬉しいです。

心より感謝しています。



吉野さん 男性 栃木県

毎日10分程度の空き時間に進めていくうちに、
1ヶ月くらいでスペイン語がスラスラ聞き取れるようになり、
2ヶ月めには本当に口から自然に言葉が出てくるようになりました。
驚きです!
今までは教本をイヤイヤ見ながら、単語や文法を覚えては忘れる、
の繰り返しでしたが、松平先生の方法は、
楽しみながらスイスイ覚えていけました。


山形県 柏田さん 女性

このノウハウは楽しみながら実践出来ました。
それは、「勉強!勉強!」といういわゆる教科書ではなく、
スペイン語圏の文化や習慣まで知ることができたからです。
さらに、この習得法のすごいところは、
実践したら本当に身に付いてしまうことです。



福島県 佐藤さん
実践するうちに、確実に効果が現れはじめたんですよ。
特に耳で聞く問題集≠ヘ、i-Podに入れて毎日の通勤時に
聞いていたんですけど、これが面白いほどグングン覚えられたんです。
勉強は得意な方ではありませんが、こんなにムリせずできて、成果の出る
勉強法なら、もっと学びたい!実践し終えた今では、そう感じています。
大好きなサッカーの実況中継も、聞き取れるようになり、本当に嬉しいです!





松平勝男のスペイン語教材はスペイン語脳を作る教材です。
スペイン語で考え、スペイン語をしゃべる。


スペイン語習得において、最も重要なポイントを見落としているからです。
最初の段階から、『あるポイント』を習得してしまえば、
スペイン語をマスターすることは、もはや朝飯前です。

従来の教材や語学スクールでは決して教えてくれない、
簡単でしかも即実践で使える『真のスペイン語習得法』です。

スペイン語習得の最重要ポイント=『スペイン語体質』
松平勝男のスペイン語教材の特徴は


『スペイン語体質』とは
無意識のレベルでスペイン語を浸透させた状態のことです。

1、スペイン語を習得するために最も大切なポイントを最初に身につける
2、短期間に効果を発揮する独自のノウハウを使い、スペイン語をさくっと習得してしまう

この習得法の特徴とは!?


1、動詞の活用形を文法的に正しくごまかす方法をお教えするので、
言葉につまることなく、スペイン語で会話のキャッチンボールができるようになります。

2、私の生み出した『ある方法』を使い、
面倒なプロセスを一切辿ることなく、単語力がグングンつきます。

3、スペイン語のスペルを間違えないための『あるルール』を知ることで、
スペイン語を正しく読み書きできるようになります。

4、ネイティブスピーカーの発音が無理なく
身に付き、『通じるスペイン語』を素早くあなたのものにできます。

5、模範的な文法や単語の丸暗記ではなく、
『遊び感覚』で楽しみながら習得できる方法で、
『生きたスペイン語』が身につき、すぐに話せるようになります。

6、実践に重点をおいた練習のみをご用意しています。


スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。

立体的スペイン語学習法の公式サイトはこちら

13.スペイン語独学ならNHKの講座

スペイン語は英語と酷似



スペイン語も英語と同じで、「動詞文化」なので、
動詞を中心に覚え使えるようにし、さらに名詞をどんどん使い覚えていくことで、
短期間で身につく事間違いなし。

スペイン語は英語と似ている。文法と単語。

アルゼンチンから来た留学生の辞書を見て驚いた。

その辞書はもちろん、英語とスペイン語の辞書です。

簡単な単語は、解説が豊富に載っているのですが、
難しい単語になればなるほど、英語の単語=スペイン語の単語、
違語尾が多少違うのです。彼らは最初英語レベル1とか2だったのが、
1ヶ月もすれば英語をしゃべっているのです。

彼らの辞書を見た時、この習得の速さは納得でした。

なので、英語をある程度身に着けているあなたは、
スペイン語を習得するのはそんなに難しくはないと考えます。

スペイン語の勉強で苦労するのは、最初だけです。

その壁を超えることができたら、
習得するのは、そんなに難しくはないです。

是非、スペイン語を身に着けて、あなたの夢をかなえてください。

語学を習得くするには、順序があります。では、解説していきます。

時間を短縮するのであれば、
スペイン語教材も検討してください。最下段にリンク載せておきます。


スペイン語の独学は、まず、スペイン語に親しみましょう。

私は、サイモンとガーファンクルの「コンドルは飛んでいくEl condor pasa)」を聞いて、
南米の音楽に興味を持った。サイモンとガーファンクルがマチュピチュのふもとの民族の音楽から作詞し、
大ヒットしました。もちろん、サイモンとガーファンクルの歌詞は英語です。が、悲しげなマヤ文化を感じ取れました。

私と同じように、スペイン語を独学で習うには、
「スペイン語に親しむ事」が重要です。好きこそものの上手なれと言います。

ラテン音楽の映像をご覧ください。




スペイン語の発音について
スペイン語の発音は、我々日本人にとっては、そんなに難しくはない。ほぼローマ字読みでいいのです。スペイン語の発音について別ページでまとめました。


ただし、Rが先頭に来ると、巻き舌で発音する。これは練習するしかない。また、Hがあると、発音しない。また、先頭のJはゆと発音する。あのアルハンブラ宮殿の本当の発音は、アランブラ宮殿となる。ホテルはオテルとなる。日本のお家芸の柔道は、ユードと発音されていました。が、柔道が全世界的になったので、スペインでもジュードーと発音されています。その他、Nの上に〜があるアルファベットがあり、エニェと発音します。

スペイン語の文法で難しいのは、6段活用。
一人称単数複数
二人称単数複数
三人称単数複数
で、単語が変化します。

ほとんどの単語は同じように変化しますっが、ir(行く)の現在活用は
voy vax va vamos vais van

皆で行こうをスペイン語で言うと、vamos alla

後は、過去でも点過去、大過去などがありややこしい。未来も変化します。また、男性名詞、女性名詞があり、主語が男性名詞だと、それ以降の単語は、男性使用隣変化します。


お勧めは、NHKのラジオの毎日スペイン語。
私も楽しみながら、聞いています。入門編月曜日から水曜日 応用編木曜・金曜
月曜日午前7:15〜7:30 同日再放送 午後2:45〜3:00
翌週月曜日から金曜日 午前11:45〜午後0:00

ラジオの毎日スペイン語は半年で完結します。

入門編は、基礎から中級レベルまでの講座を展開します。

応用編は、日本の著名な作品のスペイン語訳を利用して講座を展開しています。

すごく興味深く勉強していたので、
「徒然草」や「坊ちゃん」徒然草では、
石清水八幡宮のシーンがあり、御香宮(山の下)等を参拝して帰った。

なぜ、他の人は山の上まで上がるのか?

実は山の上に石清水八幡宮があるのですが、
その情報を知らなかった。

また、坊ちゃんでは、イナゴの話などが愉快に勉強できました。

楽しく勉強すると、スペイン語習得も近いと思います。


NHKのマイ語学 いつでもスペイン語の復習ができるのです。


簡単なスペイン語から徐々に難しい言い回しを覚え使っていく。
それには、まず、基本的な今すぐ使えるフレーズからスタートする。
holaやあ graciasありがとう perdonすみません 

por favorお願いします de nadaどういたしまして 
donde estaはどこですか quanto cuestaいくらですか hasta mananaまた明日 si,noはい、いいえ

数字
uno dos tres cuatro cinco seis siete ocho nueve diez
うの、どす、とれす、くあとろ、しんこ、せいす、しえて、おちょ、ぬえべ、でぃえす
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10


enero febrero marzo abril mayo junio julio agosto septiembre octubre noviembre diciembre
えねろ ふぇぶれろ まるそ あぶりる まよ ふにお ふりお あごすと せぷてぃえんぶれ おくつぶれ のびえんぶれ でぃしえんぶれ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

曜日
domingo lunes martes miercoles jueves viernes sabado
どみんご るねす まるてす みえるこれす ふえべす ヴぃえるねす さばど
日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日

基本的な単語や熟語、言い回しは覚え使えるようにしましょう。

自分の好きな外国語の番組、もちろん、

スペイン語だけではなく、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、中国語、韓国語などたくさんあります。

前の一週間分をいつでも聞けるのです。


文法は基本をまず、身に着けることが大切です。
6段活用か、男性女性名詞、そして、動詞などの変化。


次は、スペイン語を話すネイティブと友達になること。
日本には、たくさんのスペイン語ネイティブがいます。facebookなどで探してみてください。

上の方法を忠実にできる人は、
近い将来スペイン語を話しているでしょう。


ところで、スペイン語を独学で習得する目的は何ですか?

・スペインや中南米への旅行のため
・スペインが大好きでどうしてもスペイン語を習得したい
・スペインの映画の字幕がもう一つなので、翻訳したい
・職場でスペイン語が必要になった

目的は人それぞれですが、その目的の達成が強いほど、
スペイン語の習得が早いと考えます。スペイン語習得が目的ではなく、
スペイン語の習得で目的を達成できるという論理で習得を目指してくださいね。

上に書いた方法でスペイン語独学で習得するのは、
出来ると考えますが、発売以来コツコツと売れている教材があります。



 

サイトマップ