スペイン語 発音

スペイン語の発音について



1.スペイン語の発音について
2.スペイン語と英語は似ている



1.スペイン語の発音について

スペイン語の発音の前に、スペイン語のアルファベット
英語のアルファベットに??(エニェ)guiギ gue ゲ h(発音されません)quiキ queケ
ce zeなどは英語のth発音。rrは文中で巻き舌音となります。練習を重ねればできると思います。

上記以外は、日本のローマ字読みでネイティブに十分通じます。

スペイン語は日本語とも似ている言語です。

スペイン語の単語は日本語のように
母音と子音がペアになって使われていることが多いため、
発音の面でも苦労することがほとんどありません。

また、母音と子音がペアになっているだけでなく、
ローマ字読みのようなアクセントも特徴的です。

しかしすべての単語がこうなっている、
というわけではなく、いくつかの規則があります。

まず1つ目に「hの音を発音しないこと」です。

ラテン語派生の言語にはこのようなものが多いですが、
非常に基本的なことなので覚えておきましょうね。

2つ目に「b,vの音が同じbの音になる」という事があります。

英語のようにvの音が変化しないので、
日本人にも学習が優しい言語となっています。

3つ目に、「llの音がリャ行、ジャ行の音になること」です。

スペイン語にはllという特殊な音があるのです。

この発音は一度聞いておくことをおすすめしますよ。

そして4つ目も特別なものなのですが、
「rrの音は巻き舌のrになること」です。

この巻き舌は別に使えなくても通じるので、
「巻き舌が出来ない!」とお悩みのあなたも安心して大丈夫ですよ。

他にもスペイン語はローマ字読みの他の例外があります。

しっかり確認しておきましょうね。


トップページに戻る

2.スペイン語と英語は似ている

習い始めるとすぐにあることに気づきます。

それは、スペイン語と英語が似ているのです。
私はペルーやメキシコの人たちと一緒に第二外国語として英語を習ったことがあります。

彼らは最初ほとんど英語をしゃべることができない人たちが一か月もすると流暢に英語をしゃべりだすのです。

私の頭はパニックになってしまいそうでした。

簡単なフレーズは違うのでそこで彼らは慣れるのに少々時間がかかります。

が、その壁を超えると、あとはとんとん拍子に英語を流暢にしゃべりだします。
あまり、例外の人はいませんでした。

そこで、英西、西英辞典を見せてもらいました。

気絶しそうでした。

単語が難しくなればなるほど、単語対単語が並ぶだけとなります。

もちろん説明なんてありません。

英語もスペイン語も単語の根幹は同じで、接頭語、接尾語そして発音の仕方が異なるだけなのです。

ですので、我々も英語ができるのであれば、その単語の根幹を見出しスペイン語の意味を推測できるようになればもっと楽しむことができるのではないでしょうか?

英語とスペイン語が似ているということは、我々日本人にとってもいいことがあるのです。
それは、文法が英語に似ているので、スペイン語文法は入りやすい。
あとは、熟語、単語を増やしていくのみとなります。

なので、スペイン語習得はそんなに難しくはない。

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。

トップページに戻る

 

サイトマップ