スペイン料理でおすすめは

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。





>>>松平勝男のスペイン語教材<<<



スペイン料理の魅力は、
地域によって少しずつ違うところです。

気候、風土の違いもあり、
様々な料理が楽しめます。

バスクやカタルーニャ地方の料理は、
フランス料理と似ていて、アンダルシア地方の料理は、
オリーブオイルやニンニクを多用します。

スペイン料理でおすすめなのは、
たこのガリシア風です。

これは、スペインのガリシア地方の名物タコを使った料理で、
ゆでて、切って、調味料をかけるだけの実に簡単な料理ですが、
タコそのもののおいしさを味わうことができます。

マドリード風コシードもおすすめです。

コシードには色んな作り方がありますが、
圧力鍋を使って、じゃがいもとキャベツは
別のお鍋で煮ていく方法が美味しいです。

スープがとてもさっぱりしていて、
野菜や肉が温サラダ感覚で食べられるので、最高です。

スペイン料理には、タラを使ったものが多いのですが、
おすすめの料理に、たらのバスク風があります。

日本でも手軽にできる料理で、
あさりのだしとアスパラの風味が絶妙です。

淡泊なたらに染み込んで、極上の味わいになり、
とても美味しいです。

それぞれの素材の味が生かされたスペインのおすすめ料理で、
まさに感動ものの逸品です。


スペインの料理と言えば、「バエーリャ」
バエーリャは魚介類や豚肉などを入れお米と一緒にオリーブとサフランで炊き込んだ料理です。

日本でもパエーリャ専門店ができていますね。(少々お高いような気がします)
最近、特に有名なった食材が、「イベリコ豚」特に生ハム(ハモン)はおいしいですね。

パエーリャのほかには、トルティリャがあります。
スペイン風オムレツのことですね。

料理の特徴として、オリーブオイルとアホを欠かすことはできません。
アホ、別にあなたの悪口を言っているのではなく、
スペイン語で、ニンニクのことを、アホと発音するのです。

余談ですが、オリーブとブドウはギリシャ人が持ち込んだとか!

スペインのワインも捨てがたいですね。

中でも、私が好きなのが、リオハワイン

ピレネー山脈の南で作られているワインが「リオハワイン」
味は濃厚でやはり肉料理に合いますね。

スペイン料理は我々日本人にとっておいしくいただけるので安心して行けますね。

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。

立体的スペイン語学習法の公式サイトはこちら