スペイン語 覚え方 コツ


スペイン語覚え方コツ

スペイン語の覚え方のコツは


動詞を中心とした文章を覚え使うことです。

スペイン語は動詞文化です。

ですので、tener(持つ)ir(行く) haber(持つ)
などの動詞を中心に文章を作成してその文章ごと覚えていく。
動詞の人称と複数を変えながら作成してその文章ごと覚えていく。
文章を読み、聞きで身に着けるようにしていきます。

文章の枝葉の名詞を変えて、覚えていくと、
記憶できる名詞もどんどん増えていきます。

最初は、文法は気なしなくもいいと思います。
文法は後付でいいのです。

次の活用形はフレーズで覚え使えるようにしましょう。
tenerを例にとると

直説法
現在
一人称単数(yo) tengo
二人称単数(t?) tienes
三人称単数(?l) tiene
一人称複数(ns) tenemos
二人称複数(vs) ten?is
三人称複数(ellos) tienen
自分が○○したい
とかの場合に使います。

接続法
現在
一人称単数(yo)  tengo
二人称単数(t?) tengas
三人称単数(?l) tenga
一人称複数(ns) tengamos
二人称複数(vs) tengais
三人称複数(ellos) tengan
誰かほかの人にしてほしい
場合に使います。

直説法でのみ、文章にして身に着けることをオススメします。

「動詞」に注目したスペイン語の教材があります。
この教材で勉強すると、2ヶ月でスペイン語をしゃべることができるようです。

スペイン語習得の最重要ポイント
=『スペイン語体質』

『スペイン語体質』とは
無意識のレベルでスペイン語を浸透させた状態のことです。

1、スペイン語を習得するために最も大切なポイントを最初に身につける
2、短期間に効果を発揮する独自のノウハウを使い、スペイン語を
  さくっと習得してしまう

トップページに戻る

 

サイトマップ