スペイン語 検定


スペイン語検定を受けましょう。

自信がついたらスペイン語検定受けましょう語学で仕事をする為あれば、ぜひ、検定を受けて下さい。勿論、スペイン語にもスペイン語検定があるのでしょう。スペイン語で仕事をしようとしますのであれば、最低でも三級は欲しいところです。では、スペイン語検定について説明します。

スペイン語検定は、正確には「スペイン語技能検定」と言い、財団法人日本スペイン協会が実施している民間資格です。スペイン語検定は、難易度別に一級から6級までのランクがあって、六級から順に難易度が高くなるでしょう。

前の級に合格しなければ、次の試験を受けることは出来ないのです。目安には、スペイン語技能検定6級が英検4級程度、3級が英検準1級程度の難易度です。

試験は、春と秋の年二回実施され、一次試験と二次試験(1〜3級のみ)があると思います。

試験は誰でも受ける事ができてその内容は、6級が筆記試験のみ、4・5級は筆記試験とリスニング、
1〜3級は筆記試験で合格者のみ二次試験の面接を受けます。

合格率は6級は80%以上、4・5級は70%以上かと言って、3級になってしまった場合約17%、二級が約8%、1級が約7%とグッと下がってしまうはずです。1〜3級のレベルとは、どういうものでしょうか。

三級は新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しないレベル。

2級はラジオ、TVが理解出来る上に、一般通訳ができるレベルで、1級になってしまった場合には会議通訳、文学翻訳、専門ガイドが可能でるレベルになりますね。

一級に合格する為には、相当のレベルが要求されるといえます。スペイン語は英語ほど使用国は多くはないのですが、それでも世界3大言語の一つ。

ビジネスで通用するレベル(三級以上)であれば、南米や欧米に関連のある商社などでは需要があるんでしょうか。また、マヤやインカが注目されておりている昨今、翻訳家として活躍出来る道も探せばあるでしょう。

 

サイトマップ