スペインのチーズの種類

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。





>>>松平勝男のスペイン語教材<<<



スペインのチーズの種類は


スペインには様々なチーズがあることで有名です。

まず1つ目に「アルスア・ヴィジョア」。
アルスア・ヴィジョアは牛乳製のチーズで、
中がとろとろ外カリカリといった雰囲気のチーズです。

2つ目に「イディアサバル」。
イディアサバルは羊乳製で加熱をしない加工方法で作られており、
日本で食べられるのは燻製されたものが多いです。

非常に脂肪分が多いのが特徴的です。

3つ目に「イボレス」。
イボレスは山羊乳製で、脂肪分やタンパク質が多いのが特徴的です。

4つ目に「オベハ アル ロメロ」。
これおイディアサバルと同じ加工方法で作られており、
緑のローズマリーが表皮に散らされています。

ローズマリーは実際に食べませんが、
程よく残った香りと味が羊乳にぴったりなんですよ。

5つ目に「カブラレス」。
カブラレスはアストゥリアス州のみで作られている幻のチーズで、
牛乳、羊乳、山羊乳の3つが混入されて作られています。
洞窟の中で青カビを発生させて作られており、
舌に響く味となっています。

この他にもスペインにはガローチャや
ケソ・イベリコ、ケソ・サモラノといった様々な種類のチーズがあります。

見かけたら食べてみたいものですね。




スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。

立体的スペイン語学習法の公式サイトはこちら