スペイン語 発音


スペイン語の発音について



スペイン語の発音の前に、スペイン語のアルファベット
英語のアルファベットに??(エニェ)guiギ gue ゲ h(発音されません)quiキ queケ
ce zeなどは英語のth発音。rrは文中で巻き舌音となります。練習を重ねればできると思います。

上記以外は、日本のローマ字読みでネイティブに十分通じます。

スペイン語は日本語とも似ている言語です。

スペイン語の単語は日本語のように
母音と子音がペアになって使われていることが多いため、
発音の面でも苦労することがほとんどありません。

また、母音と子音がペアになっているだけでなく、
ローマ字読みのようなアクセントも特徴的です。

しかしすべての単語がこうなっている、
というわけではなく、いくつかの規則があります。

まず1つ目に「hの音を発音しないこと」です。

ラテン語派生の言語にはこのようなものが多いですが、
非常に基本的なことなので覚えておきましょうね。

2つ目に「b,vの音が同じbの音になる」という事があります。

英語のようにvの音が変化しないので、
日本人にも学習が優しい言語となっています。

3つ目に、「llの音がリャ行、ジャ行の音になること」です。

スペイン語にはllという特殊な音があるのです。

この発音は一度聞いておくことをおすすめしますよ。

そして4つ目も特別なものなのですが、
「rrの音は巻き舌のrになること」です。

この巻き舌は別に使えなくても通じるので、
「巻き舌が出来ない!」とお悩みのあなたも安心して大丈夫ですよ。

他にもスペイン語はローマ字読みの他の例外があります。

しっかり確認しておきましょうね。

スペイン語脳を取り入れた教材お勧めです。





>>>松平勝男のスペイン語教材<<<

 

サイトマップ